なぜ卒業をすると成績が悪い「C」の生徒が、成績の良い「A」の生徒より成功するのか

成功する方法。私たちは誰もが良い成績を取り年収が高い仕事をして人生で成功を収めようとしますよね。親を含むほとんどの人が、成績が成功への道だと思っています。でも、Why ‘A’ Students Work for ‘C’ Students and ‘B’ Students Work for the Governmentの著者ロバート・キヨサキさんによると実は逆なんだとか。結局は、「A」の生徒が「C」の生徒に雇われる事になるんですよ。人生を180℃変えるため、また子供へのアドバイスにも最適な情報を教えます。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

#1「C」の生徒は学問の効果に疑問を持っている  1:38

#2不合格や悪い成績を取る事を怖がっていない 2:54

#3「C」の生徒はリスクを取る 3:56

#4「C」の生徒はリーダーに服従するタイプではない 5:07

#5「C」の生徒は社会性がある  6:05

#6 物事を終わらせるために最も簡単な方法を見つける 7:02

#7「C」の生徒は思想家 8:02

#8自分なりに成功という言葉を定義している 8:42

概要:
―「C」の生徒は直接的なアプローチに興味を持っているけど、学校はそれを提供していない。彼らは面白いアルバイトや学校外でさまざまなことに取り組むことを好みます。

―「A」の生徒は最初から常に完璧を目指しているけど「C」の生徒は何度でも不合格になる事を恐れていない。自分の欠点を受け入れて、学びに繋げている。

―逆に、「C」の生徒は学問でテストに落ちた経験があるからこそ、知らない分野に飛び込む勇気がある。欲しいものを手にいれるため、あらゆるリスクを取る。

―「C」の生徒はあらゆる事に疑問を抱くタイプ。「はい」というグループではなく、「はい、でも…」が口癖。

―実際に働いた経験があるだけではなく、現実の世界で生きていくために必要なネットワークを作り上げている人が多い。

―「C」の生徒は一つのタスクを終わらせるのに多大なエネルギーを使いたくないのです。むしろ、夢を叶えるために時間やエネルギーを投資することを望む。

―「C」の生徒は壁に囲まれた教室の中で話を聞くよりも、自分の人生について考える方に興味を持っている。

―「C」の生徒は何をするべきか分かっていて、「A」の生徒はその指示に従うのが得意。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所